November 12, 2019 / 2:21 AM / a month ago

ブラジル政府、400万人の雇用を2022年までに創出 包括法案発表

[ブラジリア 11日 ロイター] - ブラジル政府は11日発表した包括法案で、2022年までに最大400万人の雇用創出を目指す時限立法措置を提案した。給与税の免除で企業の雇用コストを30―34%下げ、180万人の求人を実現するのが柱。

日祝日に働く従業員への報酬支払いの方法を定めることで50万人分、小規模融資(マイクロクレジット)を通じた措置で45万人の雇用機会を創出する。身体障害者やけがを負った労働者125万人の就労復帰も支援する。

労働紛争法の改正で紛争に備えた企業の費用負担を軽減することも提案した。

このほか、民間企業や国営企業向けの貸し付けなど大規模な資金注入で経済を活性化するとしている。

ブラジル経済は3年連続で1%前後の成長率にとどまる見通しで、失業率は12%弱の高水準で推移している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below