November 7, 2019 / 1:46 AM / in 14 days

ブラジル中銀総裁、次回会合での50bpの利下げ示唆

[ブラジリア 6日 ロイター] - ブラジル中央銀行のロベルト・カンポス・ネト総裁は6日の議会証言で、インフレ期待が落ち着いていることを踏まえると、10月会合時と同程度の追加利下げを行う余地があるとの見方を示した。

世界的な低インフレ環境を受けて、ブラジルはより効率的に利下げを行うことが可能だと説明。また、消費者向け金利は今よりも速いペースで低下する必要があるとの市場の見方に同意すると語った。

中銀は10月30日の政策会合で、政策金利を50ベーシスポイント(bp)引き下げ、過去最低の5.00%とすることを決定した。ただ、追加緩和はここ数カ月より緩やかなペースになる可能性があると示唆した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below