June 9, 2020 / 3:38 AM / a month ago

ブラジル、今年はマイナス6.5%成長の見通し=中銀調査

 ブラジル中央銀行が8日発表した週間市場調査によると、2020年の国内総生産(GDP)成長率見通しは平均マイナス6.5%となり、17週連続で悪化した。写真はサンパウロのビル群。2017年6月撮影(2020年 ロイター//Nacho Doce)

[ブラジリア 8日 ロイター] - ブラジル中央銀行が8日発表した週間市場調査によると、2020年の国内総生産(GDP)成長率見通しは平均マイナス6.5%となり、17週連続で悪化した。

前週の調査ではマイナス6.25%と予想されていた。ロイター調査の予想中央値はマイナス6.3%、JPモルガン、UBSなど世界の大手銀行の予想をまとめた調査の改定値はマイナス7%以上だった。今回の数値は、政府見通しのマイナス4.7%をほぼ2%ポイント下回った。

中銀調査によると、今年の物価上昇率は1.53%との見通しが示され、前週の1.55%からやや引き下げられた。下方修正は13週連続。1.53%は過去最低で、中銀のインフレ目標の4.0%を大幅に下回る。

また今年の経常赤字は205億ドルと予想。予想赤字額は前週の281億ドル、前月の359億ドルから下方修正されした。海外からの直接投資(FDI)は600億ドルと予想され、前週の640億ドル、前月の700億ドル強から下方修正された。 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below