for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ブラジル、アラブ諸国との通商に「大きな可能性」 拡大に期待

ブラジル政府高官は4日、サウジアラビアやレバノン、アラブ首長国連邦(UAE)と商業分野での合意に向けた協議が進む中、アラブ諸国との通商や投資拡大を期待していると述べた。写真は、2021年9月21日に国連で演説しているボルソナロ・ブラジル大統領。(2022年 ロイター/Eduardo Munoz/Pool)

[ブラジリア 4日 ロイター] - ブラジル政府高官は4日、サウジアラビアやレバノン、アラブ首長国連邦(UAE)と商業分野での合意に向けた協議が進む中、アラブ諸国との通商や投資拡大を期待していると述べた。

経済省のルーカス・フェラズ対外貿易担当官は経済フォーラムで講演し、アラブ諸国との通商関係強化はブラジルにとって優先度が高く、輸出入の品目拡大を目指す中、大きな可能性を秘めていると述べた。

ブラジルの最大の貿易相手国は中国だが、アラブ諸国やイランなど中東の非アラブ諸国とも良好な貿易関係を維持しており、イスラム教の戒律に沿った「ハラル」仕様の食肉輸出では世界一となっている。

フェラズ氏によると、ブラジルはモロッコと投資協定を結んでおり、エジプトとは自由貿易協定(FTA)を締結済みで、ロシアとベラルーシへの制裁で世界的に肥料が不足する中、両国はブラジルへの肥料供給で「重要な役割」を果たしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up