September 11, 2018 / 5:47 AM / 13 days ago

ブラジル大統領選、ルラ氏が出馬断念へ=関係筋

[クリチバ(ブラジル) 11日 ロイター] - 汚職で有罪判決を受けて収監中のルラ元ブラジル大統領は、10月の大統領選への出馬を11日に断念する見通しだ。これにより、フェルナンド・アダジ元サンパウロ市長が労働党(PT)の大統領候補となる。PTの関係者が明らかにした。

 9月11日、汚職で有罪判決を受けて収監中のルラ元ブラジル大統領(写真)は、10月の大統領選への出馬を撤回する見通しだ。サン・レオポルドで3月撮影(2018年 ロイター/DIEGO VARA)

ルラ氏は、ブラジル高等選挙裁判所が8月末に同氏の大統領選出馬を認めない判決を下したことを不服として、連邦最高裁に上告。裁判所は、PTが代わりの大統領候補を届け出る期限を11日に設定したが、ルラ氏はこの期限の延期を最高裁に要請する考えを示していた。

ルラ氏の決定について知る関係筋2人によると、同氏が収監されているクリチバの警察署の外で、アダジ氏がPTの大統領候補となることが発表される見通し。

ルラ氏は、最高裁に上告した請求に対する判決はまだ下されていないものの、PTの候補者への票が無効と判定されるリスクを回避するため、裁判所が設定した期限までにアダジ氏を候補とすることを決めたという。

調査会社データフォルハが10日に公表した世論調査によると、アダジ氏の支持率は前回の4%から9%に上昇。候補13人の中で最大となった。

また、左派のシロ・ゴメス元財務相が10%から13%に上昇。先週の襲撃事件を受けた極右候補のボルソナロ下院議員は2ポイント伸ばし、24%で首位をキープ。ただ、事件を受けて予想されたほどの伸びにはならなかった。

*内容を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below