for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米VFコープ、ブラジル産皮革の発注とりやめ アマゾン火災受け

[ブラジリア/リオデジャネイロ 29日 ロイター] - 「ティンバーランド」や「バンズ」、「ノース・フェイス」などのブランドを展開する米衣料品製造大手VFコープは29日、アマゾン地域の大規模な森林火災を巡り、ブラジル産皮革の発注をとりやめると発表した。

VFコープは発表文で「われわれの製品に使用されている素材がブラジルで環境破壊につながっていないと確信できれば」同国産皮革の購入を再開すると説明。しかし、現時点ではブラジルのサプライヤーがこの条件を満たしていると保証できないと指摘した。

同社はブラジルから輸入している皮革の規模や代替の輸入先などについては、コメントを控えた。

ブラジルの主要皮革業界団体によると、2018年の牛皮の輸出は14億4000万ドルだった。主な輸出先は米国、中国、イタリアで合わせて約60%を占めた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up