for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アマゾン森林火災、10月は大幅増

 11月1日、ブラジルの国立宇宙研究所のデータによると、10月はアマゾン熱帯雨林の火災件数が増加し、年初からの火災は前年同期比25%増加している。世界最大の熱帯性湿地パンタナルで8月撮影(2020年 ロイター/Amanda Perobelli)

[ブラジリア 1日 ロイター] - ブラジルの国立宇宙研究所(INPE)が1日発表したデータによると、10月はアマゾン熱帯雨林の火災件数が増加し、年初からの火災は前年同期比25%増加している。

10月のアマゾンの火災は1万7326件で、前年同月の2倍以上に達した。

年初からの件数は過去10年で最多で、すでに昨年通年の数を上回っている。

昨年就任したボルソナロ大統領は、アマゾン地域を開発して貧困脱却を図る方針を打ち出しており、就任以降森林破壊が加速している。環境活動家らは、この政策は違法な伐採や採掘、農場建設を助長していると批判。昨年は、ブラジル政府は森林保護に充分な対策を講じていないと国際的に批判が起きた。

世界最大の湿原であるパンタナル湿原での火災も、10月は前年同月より増加。年初からの合計は1998年の統計開始以来最大となっている。

リオデジャネイロ連邦大学によると、年初から10月25日までに湿原の28%が焼失している。これは、デンマークの面積に匹敵する規模という。

パンタナル湿原には世界で最も多くのジャガーが生息するなど、希少な生物の宝庫。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up