for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ブラジル中銀、為替介入も 大規模な資金流出に対応

[ブラジリア 18日 ロイター] - ブラジル中央銀行のブルーノ・セラ理事(金融政策担当)は、年末にかけて予想される「大規模な」通貨レアルの流出を外国為替市場が吸収できなければ、中銀が市場介入するとの方針を明らかにした。

18日に開かれた同国経済紙バロール・エコノミコのオンラインイベントで講演した。

セラ氏は「(流出が)約150億ドル規模に上ることを否定できない。非常に大規模だ。市場に消化しきれるだけの能力、深さが足りないのではないかというリスクがある」と述べた。その上で、名目為替レートに関係なく、円滑な市場機能を確保するための対応で、中銀として当然のことだと説明した。

ブラジルの銀行は、対外株式投資にかかわる為替エクスポージャーを保護するために行ってきたオーバーヘッジの半分について、年末にかけて税務上の理由から巻き戻す見通し。

セラ氏は全体のエクスポージャーは300億ドル弱で、半分が年末にかけて巻き戻されるとの見方を示した。今年は一時500億ドル前後に達していたという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up