April 18, 2016 / 2:52 AM / 3 years ago

ブラジル大統領弾劾、下院が承認 上院で審議へ 

 4月17日、ブラジル下院で行われたルセフ大統領の弾劾手続きをめぐる投票は、賛成が342票に達し可決された。写真はブラジリアで15日撮影(2016年 ロイター/Ueslei Marcelino)

[ブラジリア/サンパウロ 17日 ロイター] - ブラジル下院で17日行われたルセフ大統領の弾劾の是非をめぐる採決は、全513議員のうち、賛成が3分の2以上に達したことから、可決された。下院での承認を受けて、弾劾審議は上院に移る。

ルセフ大統領は、2014年の再選を有利にしようと予算を不正執行した疑惑が持たれ、議会で弾劾の手続きが進んでいる。

今後上院で過半数が弾劾に賛成すれば、ルセフ大統領は職務停止となり、その間テメル副大統領が職務を代行する。ルセフ大統領に有罪判決が下されれば、同大統領の2018年の任期までテメル副大統領が後任を務める。

ワグネル官房長官は、上院は弾劾手続きを否決すると確信している、と語った。

弾劾賛成派と反対派はこの日、国内各地でデモを行った。また、多くの人々は、サッカーの試合を観戦するように、バーやレストラン、家庭のテレビ、あるいは街中に設置された大画面で、議会での採決の様子を見守った。

下院での弾劾承認を受け、ブラジルのクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)は、340.7ベーシスポイント(bp)に低下し、昨年8月以来の低水準に近づいた。

また、10年物のブラジル国債と米国債の利回り格差は、15日の4.42%ポイントから4.315%ポイントに縮小した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below