for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ブラジル検察、15年の鉱山ダム決壊事故の民事訴訟再開を要請 バーレとBHP相手どり

[サンパウロ 1日 ロイター] - ブラジル連邦検察およびミナスジェライス州検察局は1日、裁判所に対し、2015年のミナスジェライス州のフンダン鉱山ダム決壊事故をめぐり、鉱山運営会社サマルコ、資源大手バーレVALE3.SA、英豪系BHPビリトンBHP.AXに対する民事訴訟の再開を要請した。損害賠償請求額は1550億レアル(274億ドル)。

事故が発生したダムはバーレとBHPが共同運営するサマルコ鉱山のマリアナ・ファシリティーズと呼ばれる施設の一部。この事故で19人が死亡し、近くのドセ川に有害物資が流れ込み、史上最悪の環境汚染事故となった。

この裁判は検察側と会社側が和解し、18年に中断していた。しかし、ミナスジェライス州検察局は、会社側は事故後の義務を果たしていないと訴えている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up