for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ブラジル大統領の支持率急落、弾劾には過半数が反対=調査

 1月23日、調査会社ダッタフォリャが22日に発表した世論調査によると、ブラジルのボルソナロ大統領(写真)の支持率が下落しているものの、同日発表された別のダッタフォリャ調査では、大統領の弾劾には過半数が反対の考えだった。写真はブラジリアで12日撮影(2021年 ロイター/Adriano Machado)

[リオデジャネイロ 23日 ロイター] - 調査会社ダッタフォリャが22日に発表した世論調査によると、ブラジルのボルソナロ大統領の支持率が下落しているものの、同日発表された別のダッタフォリャ調査では、大統領の弾劾には過半数が反対の考えだった。

ブラジルは新型コロナウイルス感染第2波が拡大している一方、ワクチン調達が不足、政権への評価が急落している。

調査では、ボルソナロ政権を「悪い」または「ひどい」と評価した回答者の割合が全体の40%と昨年12月初めに行われた前回調査の32%から上昇した。「良い」または「素晴らしい」と回答した割合は3分の1弱。前回調査は37%だった。

フォリャ・ジ・サンパウロ紙によると、今回の支持率下落は2019年の政権発足時以来最も大幅となった。

ブラジル国民の間では、ワクチン配布ペースが遅いことへの怒りが強まっている。

保健省によると、23日の新型コロナによる死者は1202人で累計は21万6445人となった。感染者は880万人を超えている。

ダッタフォリャの調査は1月20─21日にブラジル市民2030人に実施、誤差は2%ポイント。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up