December 28, 2018 / 12:41 AM / 5 months ago

ブラジル次期大統領、息子の元運転手に関連した資金疑惑浮上

 12月27日、ブラジルでは年明けにボルソナロ次期大統領の就任式が行われる。同氏の息子の元運転手に関連した資金を巡る疑惑が浮上しており、就任式に暗雲が漂っている。写真は同次期大統領の息子のフラビオ・ボルソナロ氏。10月にリオデジャネイロで撮影(2018年 ロイター/Sergio Moraes)

[リオデジャネイロ 27日 ロイター] - ブラジルでは年明けにボルソナロ次期大統領の就任式が行われる。ただここにきて、同氏の息子の元運転手に関連した資金を巡る疑惑が浮上しており、就任式に暗雲が漂っている。

当局が問題視しているのは、息子フラビオ・ボルソナロ氏に長年運転手として雇われていたFabricio Queiroz氏の銀行口座資金。

政府の金融犯罪規制当局は、2016─17年にQueiroz氏の銀行口座を通じて流れた120万レアル(30万5033ドル)を特定。この資金の一部は、ボルソナロ次期大統領夫人に支払われていた。

検察当局が27日に発表した声明によると、Queiroz氏の弁護士は、同氏が検察当局の捜査に協力する意向だと明らかにしている。一方、同氏が緊急手術を受ける必要があることを示す診断書も提示している。

Queiroz氏は26日、ボルソナロ家に近いテレビ局のインタビューに応じ、銀行口座の資金はサイドビジネスとして行った車の売買で得た資金だと説明した。

同氏はこれまで、健康問題を理由に検察当局との会合を2度欠席している。

Queiroz氏の弁護士は、同氏が検察当局と直接話さず、なぜテレビ番組のインタビューに応じたかの理由を明確にしていない。

検察当局はボルソナロ氏の息子のフラビオ・ボルソナロ氏から1月10日に事情聴取を行う意向だと明らかにした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below