April 26, 2020 / 11:40 PM / a month ago

ブラジル法相が辞任、大統領の警察人事介入に抗議

 4月24日、ブラジルのモロ法務・公安相は、ボルソナロ大統領が警察人事に介入したと抗議して辞任した。ブラジル・ブラジリアで行われた記者会見で撮影(2020年 ロイター/Ueslei Marcelino)

[ブラジリア 24日 ロイター] - ブラジルのモロ法務・公安相は24日、ボルソナロ大統領が警察人事に介入したと抗議して辞任した。

新型コロナウイルス対策を巡り支持率が低下しているボルソナロ政権にとって、元判事で、汚職に関わった政治家や企業幹部らに厳しい判決を下し、国民の人気の高さから「スーパー閣僚」と呼ばれていたモロ氏を失ったことは大きな打撃だ。

モロ氏は、ボルソナロ氏が個人的および政治的な理由から警察庁長官を更迭したと糾弾した。一方ボルソナロ氏は、捜査に介入したことはないし、自身には警察幹部の人事権があると主張、モロ氏の批判に「根拠はない」と反論している。

ただモロ氏の辞任を受け、政界ではボルソナロ氏への風当たりが一段と強まったもようで、カルドソ元大統領もボルソナロ氏に退陣を求めた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below