for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ブラジル大統領支持率が上昇、緊急手当て支給など評価=世論調査

ブラジル業界団体の全国工業連盟(CNI)と調査会社イボペが実施した世論調査で、ボルソナロ大統領の支持率が上昇していることが分かった。写真は国連総会に送られた演説動画でほほ笑む同大統領。9月16日撮影。(2020年 ロイター/提供写真)

[ブラジリア 24日 ロイター] - ブラジル業界団体の全国工業連盟(CNI)と調査会社イボペが実施した世論調査で、ボルソナロ大統領の支持率が上昇していることが分かった。

調査では、現政権を「素晴らしい」または「良い」と評価した回答者の割合が全体の40%で、昨年12月に実施した前回調査時の29%から上昇。「悪い」または「ひどい」と評価した回答割合は29%で、同38%から低下した。

新型コロナウイルス感染の深刻さを軽視して経済続行のためロックダウン(都市封鎖)に反対する大統領の姿勢には医療専門家などから批判が出ているが、調査では回答者の50%が大統領の国家運営方法を支持しており、前回の41%から割合が上昇した。

現政権を支持しないとの回答割合は41%で、12月の53%から低下した。

さらに、大統領を信頼するとの回答の割合は46%で、12月の41%から上昇した。

最近行われた他の調査でも、大統領の支持率は上昇している。大きな要因として、新型コロナ感染の打撃が大きい低所得層と非公式部門労働者に緊急手当てを支給した点が挙げられるとみられている。

しかし、ブラジリアに拠点を置く政治リスク・コンサルタント会社Vector Anliseのレオナルド・バレト氏は、年末に手当ての支給が終了し、大統領が来年の景気改善に失敗すれば、いまの人気は「急速に消滅する可能性がある」と指摘した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up