December 2, 2019 / 1:59 AM / 11 days ago

ブラジルレアル、11月は5%超下落 中銀介入の効果限定的

[ブラジリア 29日 ロイター] - ブラジルレアルBRBYは11月に月間で5%超下落と、8月に続く今年2番目の大幅な下落率を記録した。当月はレアルが過去最安値を付けるなか、中銀が8月以来の市場介入に踏み切った。

月内最終営業日の29日は1ドル=4.24レアルと、26日に付けた過去最安値の4.2770レアル近くまで下げた。

中銀は8月に10年ぶりにドル売り介入を実施していた。同月のレアルは8%超下落と、4年ぶりの大幅安となった。

29日終了週に中銀はドル売り介入を計4回実施。同国の輸出実績の上方修正というさらなるプラス材料もあったが、レアル相場の押し上げ効果は限定的だった。

ゴールドマン・サックスは29日付の顧客向け調査ノートでレアル安は低インフレや対外収支の悪化などを反映しており、一時的な問題ではない可能性があると指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below