August 23, 2016 / 3:57 AM / 3 years ago

アングル:五輪閉幕、ブラジルに立ちはだかる厳しい現実

[リオデジャネイロ 22日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪が幕を閉じるとともに、ブラジル国民に厳しい現実が舞い戻ってきた。ルセフ大統領の弾劾裁判から深刻な景気後退に至るまで、問題は山積している。

 8月22日、リオデジャネイロ五輪が幕を閉じるとともに、ブラジル国民に厳しい現実が舞い戻ってきた。写真はリオデジャネイロのオリンピック公園を通り過ぎる男性。22日撮影(2016年 ロイター/Bruno Kelly)

ブラジル国民にとって、五輪は地平線の彼方に輝く一筋の光明だった。

「われわれが直面する厳しい現実を覆い隠してくれるものは、もう何も残っていない。最近まで多くの人々が抱いていた壮大な思いが支えを失った」と語るのは、哲学者で作家のロベルト・ロマーノ氏だ。

ブラジルが主催した2014年のサッカーワールドカップと今年の五輪は、同国が国際舞台に立つ好機となるはずだった。

ところが、まるで大会を合図にしたようにブラジル経済と左派政権はほころびを露呈している。五輪自体は、数々の不備はありつつも試合や警備は円滑に進み、概ね期待通りの成果を収めた。

<さあ、どうしよう>

五輪が終わった今、ブラジル国民は「さあ、どうしよう」と自問している。

フィットネスのインストラクター、フラビオ・マトスさん(37)は「オリンピックは楽しかったけど、余興だ。これからは本当に解決すべき問題が待ち受けている」と話す。

第一に、議会上院では今週、ルセフ大統領の弾劾裁判が始まる。ルセフ氏はかつてルラ前大統領と並び、経済を好況に導いた功績で労働階級の支持を得ていたが、今では汚職事件の捜査を妨害しようとした疑いで2人そろって捜査を受けている。

世界金融危機にあえぐ先進国から羨望の眼差しを浴びていたブラジル経済は、今や大恐慌以来で最悪の景気後退に苦しんでいる。一部の経済指標からは、弱々しいながらも回復の始まりがうかがえるが、11%を超えた失業率など、他の指標は相変わらず厳しい現実を伝えている。

国家財政は破たんの危機に瀕している。好況時、2つの国際スポーツ大会招致になりふり構わず資金を投じたことの後遺症だ。

今年の財政赤字は昨年同様、国内総生産(GDP)の10%程度に達する見通しで、2013年の3%前後から拡大している。

ジェトゥリオ・バルガス基金の経済成長センター責任者、サミュエル・ペソア氏は、ブラジル経済が2015年から来年末にかけて最大10%縮小すると予想。「われわれは奈落を覗いている」と語る。

ペソア氏らエコノミストによると、政府が公務員給与や年金、社会保障費を削らなければ財政は破綻する。「国庫が爆発しそうな時に、投資を呼び込んで成長を促進するのは実に難しい」とペソア氏は言う。

テメル大統領代行はこうした問題に立ち向かうと宣言し、ブラジルの株価や通貨は最近反発していた。

しかしテメル氏は、州政府の支出制限など一部の改革で姿勢を後退させたため、新政権下でも大きな変化は望めないのではないか、との疑念が広がり始めた。

 8月22日、リオデジャネイロ五輪が幕を閉じるとともに、ブラジル国民に厳しい現実が舞い戻ってきた。写真はリオデジャネイロのオリンピック公園前で昼食をとる作業員たち。22日撮影(2016年 ロイター/Bruno Kelly)

ワールドカップや五輪など、現実から目を背けられる対象を失った今、国民の前には永遠の時間が横たわっている。

オグロボ紙の著名コラムニストで人類学者のロベルト・ダマッタ氏は「幕は下りた。現実と向き合わねばならない」と語った。

(Paulo Prada記者)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below