for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
コラム

コラム:アラムコが時価総額世界一、ハイテク銘柄急落のおかげか

 5月11日、サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコがまた新たな王冠を手に入れた。バーレーンのマナマで2017年3月撮影(2022年 ロイター/Hamad I Mohammed)

[ニューヨーク 11日 ロイター BREAKINGVIEWS] - サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコがまた新たな王冠を手に入れた。同国の実質的な指導者であるムハンマド皇太子がこれを喜ぶのは間違いない。11日の株価終値に基づく時価総額が2兆4000億ドルに達し、アップルを抜いて世界一になったのだ。同日のアップル株は5%強も下落した。この交代劇は、石油銘柄よりもハイテク銘柄の動きが作用した面が大きいと言える。

S&Pグローバル石油指数は年初来17%上がった半面、ハイテク銘柄の比重が大きいナスダック総合は27%下落している。アラムコにとってロシアのウクライナ侵攻は追い風になると見込まれる。欧州のエネルギー市場にあいた穴を埋める重要なプレーヤーの1つがアラムコだからだ。

しかし時価総額ランキングでアラムコが首位に立ったとはいえ、他の大手石油会社はトップ10から脱落している。リフィニティブのデータによると、10年前もアップルは首位だったが、第2位につけていたのはエクソンモービルだった。当時、エクソンの時価総額は約3900億ドルで、現在より9%前後も大きい。

その時点でアラムコは公開企業ではなく、上場したのは2019年だ。ただエクソン株の値動きを見ると、アラムコの企業価値は恐らく10年前とほとんど変化していないだろう。つまり王冠はアラムコが勝ち取ったというよりも、ハイテク銘柄がそれを手放したという方が事実に即している。

●背景となるニュース

*リフィニティブのデータによると、サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコは11日の株価終値に基づく時価総額が2兆4000億ドルに達し、アップルを抜いて世界一になった。

(筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています)

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up