for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

コラム:中国株が安全資産化、コロナ相場のヘッジ先に

[香港 4日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 異例なことに、中国本土株が一種の安全資産の様相を呈しつつある。

 3月4日、中国株の主要指数は過去1カ月で11%上昇と、世界全体で突出した堅調ぶりを見せている。写真は上海証券取引所内での検温風景。2月28日撮影(2020年 ロイター/Aly Song)

米連邦準備理事会(FRB)による緊急利下げ後は米国株が下落し、金価格が上がる反応を見せた。つまり、多くの投資家が金融緩和の効果に懐疑的なことが読み取れた。

ところが、中国株の主要指数は過去1カ月で11%上昇と、世界全体で突出した堅調ぶりを見せている。景気刺激策への期待感が、低調な経済活動への懸念を圧倒しているからだ。

海外市場と中国本土の株式投資家の心理状態は、まさに好対照と言える。主要国・地域市場で見ると、上海と深センだけが上昇モードにあり、すぐ隣の香港でさえ株価はさえない。

中国本土市場は、新型コロナウイルスに関する悲惨なニュースにもかかわらず、と言うよりも、より正確にはそうしたニュースが出ているからこそ、活況を呈しているのだ。西側のファンドマネジャーが新型ウイルスによってもたらされかねない打撃に大慌てしている中でも、中国の同業者は楽観ムードに浸り続けている。

中国人民銀行(中央銀行)は、市中金利に影響を与える主要な政策金利をすでに引き下げている。もっとも先進国市場と同様に、金融政策の経済に対するてこ入れ効果は限られよう。消費やサプライチェーンは動きが止まり、買い物客も労働者も引きこもっている。海外での新型ウイルス感染拡大に伴って、輸出需要は弱まり続ける一方だ。

注目度が高い購買担当者景気指数(PMI)を含めて、中国の2月の経済指標は暗く沈んだ内容だった。中国政府が今年掲げる6%の経済成長目標は多分、下方修正されるだろう。

一方で、中国株が長期的なファンダメンタルズに沿った動きをするのは、たまにしかない現象だ。売買の回転が速い個人投資家が多数を占める市場であり、年金基金の資金を運用するのにふわさしい場所ではない。主力株で構成するCSI300指数.CSI300は、2008年の世界金融危機から、まだ完全に立ち直ってもいない。

それでも中国では、短期金利が低く、なおかつ的を絞った産業支援策が打ち出される局面では、どんな経済情勢であっても株価が上昇する傾向がある。そうした政策は通常、事態が悪化しているからこそ発表される。このため流動性と財政資金の蛇口をコントロールしている中国政府の一挙手一投足に対し、目を配る作業が必要になっている。

海外の資産運用業界でも、中国本土の株式市場がニューヨークやロンドンと連動していない点を好ましいと考える向きが存在する。もちろん中国経済は世界の需給動向にとても左右されやすいので、基本的な論理という面で、こうした向きの考えは間違っていよう。

たとえそうであっても当面は、中国本土株が世界的な流れに逆らう存在になれる。他の地域の株価指数が、想定される新型ウイルスの悪影響に合理的な反応を見せている中で、中国株の「不合理な楽観主義」が不安定な性質ながらも、リスクに対するヘッジ先を投資家に提供している。

●背景となるニュース

*米連邦準備理事会(FRB)は3日、50ベーシスポイント(bp)の緊急利下げを実施した

*同日のS&P総合500種は2.8%、ナスダック総合は3%それぞれ下落。10年米国債利回りは史上初めて1%を割り込んだ。

*中国国家統計局が2月29日に発表した2月製造業PMIは、過去最低の35.7に沈んだ。]

(筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています)

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up