December 29, 2019 / 11:16 PM / a month ago

コラム:中南米の2大リスク、悪循環に陥ったチリとエクアドル

 チリのピニェラ大統領とエクアドルのモレノ大統領はともに、2020年に厳しい局面を迎えそうだ。写真はチリ政府に抗議する市民。12月13日、サンチャゴで撮影(2019年 ロイター/Ricardo Moraes)

[ニューヨーク 26日 ロイター Breakingviews] - チリのピニェラ大統領とエクアドルのモレノ大統領はともに、2020年に厳しい局面を迎えそうだ。他の多くの中南米諸国と同じく、痛みを伴う改革を断行して経済をてこ入れしなければならない。だが最近国内で起きた抗議行動で改革の実現が難しくなっており、それが経済をさらに低迷させて、国民の怒りが増幅する。こうした悪循環に陥るリスクが中南米で最も高いのが、ピニェラ氏とモレノ氏なのだ。

2人とも忌み嫌われた政策案を撤回した後、抗議行動は何とか収まった。しかし政権の不人気ぶりは相変わらずだ。モレノ氏の支持率は今年半ばで30%前後にとどまっており、社会が混乱するきっかけとなった燃料補助金削減の中止を決めても、支持率は一向に上向いていない。ピニェラ氏も閣僚8人を更迭し、憲法修正に関する国民投票を実施すると約束して、必死に政治の安定化を図ろうとしているものの、11月の世論調査では仕事ぶりを評価したのは有権者のせいぜい1割程度だった。

両国の経済もひどい状況で、事態改善には決して役立たない。チリのブリオネス財務相は、抗議行動のために今年の成長率が0.6%押し下げられたとの見通しを示すとともに、来年の予想成長率は約1.25%と、以前のほぼ半分に削った。フィッチはエクアドルの今年の成長率をマイナス0.3%、来年もプラス0.4%程度と見込んでいる。

ピニェラ氏の方が、支出拡大要求に屈する余地はある。実際既に55億ドル規模の景気対策も打ち出した。チリの債務は国内総生産(GDP)比でおよそ30%しかないからだ。借り入れコストも低く、12月終盤の10年債利回りは3.2%前後で推移している。対照的にフィッチによると、エクアドルの債務残高は今年末時点でGDP比54%に達する。

モレノ氏は、怒れる国民と国際通貨基金(IMF)の双方を喜ばせなければならない。IMFは少なくとも、財政目標に関してはかなり寛大な姿勢を取ってくれる公算が大きい。エクアドル議会が予定より遅く、内容も薄めた税制改正法案を可決すると、IMFは42億ドルの融資枠のうち5億ドルを実行している。それでも労働改革と金融改革を推し進めるのは、一筋縄ではいかないだろう。

ピニェラ氏は別の問題も抱える。足元の騒乱において警察と軍が不適切な行動をしたと言われているのもその1つだ。これは政権に重くのしかかり、同氏が掲げる行政機構改革や科学・ハイテク分野への投資強化計画の足を引っ張る恐れもある。

つまりピニェラ氏は来年、どう頑張ってもレームダック(死に体)の指導者になっていく。モレノ氏は、2021年の次期選挙に出馬しないと宣言したことで既にレームダック化している。彼らは権力の座に居座るために政治的な妥協をしようがしまいが、経済は苦境に見舞われるだろう。

(筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています)

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below