January 29, 2020 / 3:16 AM / 24 days ago

コラム:新型肺炎で原油下落、OPECプラスの結束さらに困難

[ロンドン 28日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 石油市場は、たった2カ月弱で1年分の相場変動を味わっている。北海ブレント油先物は12月初めに1バレル=60ドル強だったのが、1カ月後には米軍がイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害、供給に不安が広がったため70ドルに上昇。それが今、新型コロナウイルスの感染拡大で需要が急減するとの不安から、60ドルを割り込んでいる。石油輸出国機構(OPEC)による石油価格の制御は、はるかに難しさを増した。

 イラン情勢の悪化で大きく上昇していた原油価格は、新型コロナウイルスの感染拡大で需要が急減するとの不安から、60ドルを割り込んでいる。写真はロシアのイルクーツクにある製油所。2019年3月撮影(2020年 ロイター/Vasily Fedosenko)

数カ月前まで、OPECは状況を制御できているように見えた。12月初め、サウジアラビアのアブドルアジズ・エネルギー相は、「OPECプラス」を構成するOPEC加盟14カ国と非加盟10カ国の合意を取り付け、減産幅を従来の日量120万バレルから同210万バレルに拡大することに成功した。

各国が結束できたのは、供給が需要を上回って価格を押し下げることへの懸念があったからだ。ジェフリーズは、減産してもなお2020年上半期の市場が日量70万バレルの供給過剰になる可能性を示していた。

しかしサウジが重々承知しているように、OPECの運営は猫の群れをつかさどるようなものだ。産油国が約束を守る保証はない。違反常習国はナイジェリアに限らない。産油量世界第2位のロシアは既に、減産に不平を示している。予算を均衡させる価格水準は、サウジが1バレル=80ドルなのに対し、ロシアは50ドル以下だからだ。この結果、12月の合意では減産期限が今年3月に設定された。

石油価格が70ドル前後で推移していれば、ロシアは減産中止を訴えたかもしれない。しかし現在の価格は60ドルを下回っている上、今年の世界需要の伸びの半分強を中国が占めるというジェフリーズの予想が達成されない可能性も出てきた。そのため、OPEC加盟国は減産延期だけでなく、減産幅の拡大を望むかもしれない。ロシアは減産に協力した上で税制優遇を通じて国営石油大手ロスネフチへの打撃を和らげるべきか、それとも2016年にさかのぼるOPECプラスの合意を覆すべきかの判断を迫られそうだ。

現在の石油価格の動きは「心理的」なものだというアブドルアジズ氏の指摘は正しい。

モルガン・スタンレーは18年、北海ブレントおよび米ウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物の1日当たりの取引高は、世界で売買される原油現物4300万バレルの50倍に相当すると推計した。つまり価格が常に需要を反映するわけではない。

サウジが幸運であれば、現在の新型コロナウイルス騒動は2月終わりまでには収束しているだろう。さもなければ、OPECプラスの協調ムードはあっという間に消えるかもしれない。

◎背景となるニュース

*新型コロナウイルスによる死者拡大の報道を受け、北海ブレント油先物は27日、3カ月ぶり安値の1バレル=58.50ドルを付けた。

*米WTI先物は数日前に10月初め以来の安値である52.13ドルを付け、28日には52.82ドル前後で推移した。

*サウジのアブドルアジズ・エネルギー相は27日の声明で、新型コロナウイルスの感染拡大による世界経済と石油需要への影響を巡る「暗い予想」をけん制。石油その他の市場の動きは「心理的な要因」によるところが大きいと指摘した。

*アラブ首長国連邦(UAE)のマズルーイ・エネルギー相も、「中国での出来事によって原油需要が今後減るとの見方について大げさに見積もらないことが重要だ」と述べ、アブドルアジズ氏に同調した。

(筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています)

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below