for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
コラム

コラム:香港の人材狙う台湾、千載一遇の好機に国内体制の壁

[香港 3日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 台湾は、香港の優秀な人材を獲得する上で有利な立場にある。蔡英文総統は、中国の締め付けから逃れてくる香港市民の移住を支援すると約束している。台湾にとって深刻な労働力不足を補い、投資を促進する上でまたとないチャンスだ。しかし、せっかくの暖かな政治的ジェスチャーも、整合性に欠ける入国管理政策によって効果が弱まりかねない。

頭脳流出の危機にある香港の人材が確保できれば、台湾が得られる経済的な恩恵は計り知れない。写真は台湾の建国記念日に旗を香港市民。2019年10月、香港で撮影(2020年 ロイター/Athit Perawongmetha)

中国が香港に国家安全法制の導入を決めたことで、香港市民が享受してきた自由と経済的な活力が消えてなくなろうとしている。頭脳流出のリスクは現実味がある。香港民意研究所が最近実施した調査では、回答者の7割が香港の未来に自信が持てないと述べた。中国政府が香港に共産党への忠誠心を植え付け、広東語の使用を制限しようと取り組んでいることが、香港市民の心を一層離反させている。

そこで蔡英文氏に人材を呼び込む千載一遇の好機が訪れた。香港の自慢の1つは高等教育の充実ぶりにある。経済協力開発機構(OECD)がまとめている国際学習到達度調査2018年版によると、数学的リテラシーが79カ国・地域中第4位、科学的リテラシーが第9位だった。さらに香港と台湾はともに漢字を使うなど、文化的な共通項が多い。台湾在留が認められた香港市民の数は、既に今年1-4月で2倍余りに増加し、2000人を超えた。

香港の人材が確保できれば、台湾が得られる経済的な恩恵は計り知れない。周辺地域と同じく、台湾も急速に高齢化が進んでいる。18年のある調査では、27年までに労働力人口比率は66%程度まで低下する見通しだ。

中国本土に人材が流れていることもあり、台湾の人的資源は空洞化しつつある。当局のデータを見ると、17年時点で工業とサービスの分野で約21万8000人の人手が足りず、そのうちの半数強を中間レベルの技術者が占める。香港の金融セクターから移住者が来れば、低迷している外国からの直接投資を増やせる可能性がある。エコノミスト・インテリジェンス・ユニットのデータからは、現段階でFDIが台湾の域内総生産(GDP)の18%にとどまっていることが分かる。

ところが蔡政権は今のところ、政治的亡命者のための正式な法整備を求める声に耳を傾けていない。台湾に逃げてくる人をケースバイケースで審査し、在留資格を毎月見直すその場しのぎの方式では、高度な技能を持つ移民の流入を妨げてしまうだろう。英国や米国が香港市民に門戸を開こうと考えている以上、台湾は当然のように香港から人材がやってくると決めつけるべきではない。

●背景となるニュース

*ラーブ英外相は2日の議会で、中国が香港に「強権的な」国家安全法制を導入することを考え直さない場合、英国海外旅券(BNO)を持つ香港の人々に英市民権を付与する可能性があると発言。約300万人の香港市民がこの資格の対象になるとしている。

*台湾政府は5月28日、香港を政治的理由で脱出してくる人に「人道的な救済」を行う組織を立ち上げると発表。人権団体らと共同でこうした人の移住や雇用を支援する。

*台湾には今のところ政治的亡命者に適用され得る難民法が存在しないが、現行法制でも政治的理由で安全や自由が脅かされている香港市民を手助けすることは認められている。

*台湾の蔡総統は5月27日記者団に「われわれは香港からやってくる友人を人道的に救う行動計画を提案する。民主主義と自由のために闘おうとする香港市民の決意をわれわれは応援し続ける」と述べた。

(筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています)

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up