for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
コラム

コラム:米新車販売首位のトヨタ、EV出遅れで不安な未来

[ニューヨーク 5日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 昨年の米国における自動車販売競争を制したのはトヨタ自動車だった。トヨタは年間新車販売台数でゼネラル・モーターズ(GM)を抜き、1931年以降初めて海外勢として首位の座を奪取したのだ。

 昨年の米国における自動車販売競争を制したのはトヨタ自動車だった。ただ、深刻な半導体不足に直面する世界で、トヨタが半導体在庫をため込んできたことによる優位性はなくなりつつある。写真は同社のロゴ。上海で2021年4月撮影(2022年 ロイター/Aly Song)

ただ、深刻な半導体不足に直面する世界で、トヨタが半導体在庫をため込んできたことによる優位性はなくなりつつある。さらにトヨタは、電動化の取り組みでは後発組に属している。   

ほぼ全ての主要自動車メーカーは昨年、半導体供給が危機的状況に陥ったため生産縮小を強いられた。

だが、トヨタはいち早くこの問題を切り抜けた。必要以上に在庫を持たない状態を維持する「ジャスト・イン・タイム」の生産方式を提唱してきたものの、東日本大震災後に半導体不足がなかなか解消しなかった教訓をしっかり学んでいたからだ。その結果、トヨタはライバルよりもずっと多くの半導体を確保した。

これによってライバルが部品切れになるのを尻目にトヨタは生産を続け、米国での年間新車販売台数を230万台に乗せた。もっともこの数字は、米3大自動車メーカー(ビッグスリー)を負かすのに十分だったとはいえ、トヨタの2019年実績の240万台弱には届いていない。

さらに肝心の半導体在庫も目減りしつつある。そのため昨年半ばには日本国内と北米で生産調整(減産)に動き、12月の米販売台数は前年比で30%減少した。供給面の制約はどのメーカーにも及んできており、トヨタが米販売台数首位の座を保つのは今後難しくなるだろう。

その上、足元の自動車市場のトップ争いは、電動化競争に比べれば大した問題でもない。イーロン・マスク氏が率いるテスラの時価総額は2位以下に大差をつけて世界最大となった。それは業界で「いの一番」に電気自動車(EV)の量産化を進めているおかげだ。

各国政府は最終的にガソリン車の全廃を目指している。ほとんどの既存メーカーは電動化へと急速にかじを切っており、GMは販売車両を内燃車からEVに切り替えるための大胆な計画を打ち出した。

だが、トヨタはかつて人気の高いハイブリッド車(HV)のプリウスで環境にやさしい自動車づくりを主導したにもかかわらず、今は電動化が遅れている。

初めての完全電動車が米国の道路を走るのは、今年半ばとみられる。トヨタは現在の自動車市場で歴史的勝利を飾ったかもしれないが、将来も市場を牛耳れるという保証は全くない。

●背景となるニュース

*トヨタ自動車が4日発表した昨年の米国の自動車販売実績は230万台で、ゼネラル・モーターズ(GM)の220万台を上回った。米3大自動車メーカー(ビッグスリー)以外が、年間販売台数で首位に立ったのは1931年以降で初めて。

*トヨタの米自動車販売は前年比で10.4%増加した半面、GMは12.9%減少した。ただ、トヨタも2019年に同社が販売した240万台弱には届かなかった。昨年12月の販売台数は前年比30%減。

*トヨタは昨年8月、日本と北米で生産調整(減産)を行うと発表していた。

(筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています)

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up