for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
コラム

コラム:ワクチン接種率引き上げ、「アメ」より「ムチ」が必要に

[メルボルン 1日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 死につながり得るウイルスの感染を避けられるというだけで、新型コロナウイルスワクチン接種を受ける十分な動機になるはずだが、「無料」でビールが飲めるのも大きなメリットではある。

 世界中の政府や企業は今、なお低調なワクチン接種率の押し上げに向け、工夫をこらしたインセンティブを次々に導入している。しかし、間もなく接種を受けていない人には、そうした「アメ」ではなく、厳しい「ムチ」を与える必要が出てくるだろう。写真はハート型のキャンディー。昨年2月にダマスカスで撮影(2021年 ロイター/Yamam Al Shaar)

世界中の政府や企業は今、なお低調なワクチン接種率の押し上げに向け、工夫をこらしたインセンティブを次々に導入している。しかし、間もなく接種を受けていない人には、そうした「アメ」ではなく、厳しい「ムチ」を与える必要が出てくるだろう。

オーストラリアのカンタス航空は、ワクチン接種に腰が重い自国民に対し、旅行券やポイントといった特典を提供する計画だ。また、ワクチン接種率が低い香港では、不動産開発大手が先週、140万ドルの高級マンションを抽選の応募用に寄贈。これは香港政府に対する市民の警戒感を払しょくして接種を進める狙いがある。香港でサービスを展開している金融機関のトップは、ワクチン接種を完了している場合、証券先物委員会に隔離義務なしの渡航を申請することもできる。

スーパーマーケットチェーンのクローガーなど、一部の米事業者は、ワクチン接種証明書がある従業員に少額の賞与や休暇を付与している。首都ワシントンのある市民団体は、若者への接種を呼び掛けるため大麻のプレゼントをぶら下げ、ニュージャージー州では醸造業者が「ワクチン接種で1杯のビール」を提供するキャンペーンに参加した。

これらの接種を促す取り組みはもちろん歓迎すべきで、経済活動を再開できるレベルまで接種率を高めるのに間違いなく役立つ。

ただ、ワクチン供給が潤沢になり、社会全体で接種率がいわゆる集団免疫を獲得できるとされる70%に近づくとともに、ワクチンを断固拒否する人やぐずぐずと接種を先延ばしにしている人を対象に、甘い言葉で誘導するのはどんどん難しくなる。その時こそが、ムチの出番だ。

実際、既に幾つかは、実行されつつある。例えば、米プロバスケットボールのニューヨーク・ニックスは、チームがプレーオフに進出すれば、ワクチン接種を完了したファンにしかチケットは販売しないと表明した。

ワクチン未接種者を拒否する動きは今後、航空機やコンサート、その他サービスに広がっていきそうだ。最近では、米雇用機会均等委員会(EEOC)が、企業に対して職場に入る上でワクチン接種を義務化するのを認める指針を打ち出した。

マスク着用を定めたルールを巡る騒動などは、これから起こる出来事からすれば、ほんの序の口に過ぎないだろう。テキサス州では100を超える病院の従業員が「運営会社は医療上の倫理規範を破っている」と主張し、接種の義務化を求める訴訟を起こしている。

フロリダ州のデサンティス知事(共和党)は、個人の自由が侵害されるとの理由でワクチン接種証明書の発行に反対し、クルーズ船業界と対立が続く。連邦政府の指針に基づくと、クルーズ船業界はほぼ全ての乗員・乗客がワクチン接種を受けていない限り、運航ができないからだ。この先、接種完了者と未接種者の間に険悪なムードが生じるのは避けられそうにない。

●背景となるニュース

*豪カンタス航空は、新型コロナワクチンを接種した利用者向けに旅行券やポイントの提供など、さまざまな特典を設ける。ジョイス最高経営責任者(CEO)が5月31日、地元テレビで明らかにした。特典には10種類の豪華サービスもあり、そのうちの1つは、カンタスの航空機で1年間無制限に旅行できるという内容だ。

*香港証券先物委員会は5月28日、香港の金融サービス事業免許を得ている会社の一定数の上級幹部に限り、彼らがワクチン接種を完了している場合は、香港の出入りに際して21日間の隔離義務免除を申請できると発表した。

*米プロバスケットボールのニューヨーク・ニックスは5月28日、チームがプレーオフに進出すれば、ワクチン接種を完了した人にだけチケットを販売すると表明した。

(筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています)

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up