February 5, 2018 / 12:15 AM / 9 months ago

英音楽家が「ブレグジット・ビッグ・バンド」、EU離脱テーマに

 2月1日、英国の実験的音楽家、マシュー・ハーバート氏は「ブレグジット・ビッグ・バンド」を率い、英国の欧州連合(EU)からの離脱「ブレグジット」をテーマにしたプロジェクトを展開している(2018年 ロイター/Francois Lenoir)

[マーシュサイド(英国) 1日 ロイター] - 英国の実験的音楽家、マシュー・ハーバート氏は「ブレグジット・ビッグ・バンド」を率い、英国の欧州連合(EU)からの離脱「ブレグジット」をテーマにした音楽活動を展開している。

英国内や欧州各地でコンサートやワークショップを開催しているほか、世界中の音楽家が短いサンプルをウェブサイトにアップロードして参加することが可能なアルバムを制作している。

ブレグジット決定を「ショック」だったと語るハバート氏は、2017年3月29日、メイ英首相が離脱過程に正式に着手した日にプロジェをトを開始、2年後に予定されるEUからの離脱で完結するという。

ハーバート氏は「コラボレーションの素晴らしさ、欧州の一部であるということの素晴らしさを祝う何かをしたかった」とロイターに語った。

これまでに制作した作品には、離脱プロセスを規定した「リスボン条約第50条」の朗読を基にしたジャズの楽曲などがある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below