January 8, 2019 / 6:55 AM / 3 months ago

アストンマーティン、合意なきブレグジット対応を見切り発動

1月7日、英高級自動車メーカー、アストンマーティンは、英国が欧州連合(EU)から合意のないまま離脱する場合に備えた計画を実行に移している。写真はアストンマーティンのロゴ。北京で2018年12月撮影(2019年 ロイター/Thomas Peter)

[ロンドン 7日 ロイター] - 英高級自動車メーカー、アストンマーティン(AML.L)は、英国が欧州連合(EU)から合意のないまま離脱する場合に備えた計画を実行に移している。

具体的には配送業者DHLが、合意なきブレグジット(英のEU離脱)によって通関手続きの遅れによる混乱が見込まれるドーバー以外の港湾を利用するのを認める契約に調印したほか、サプライ・チェーン・チームに航空輸送を利用することを許可した。

また日産自動車やロールスロイスで働いた経験を持つジョン・グリフィス氏を新たにサプライチェーン担当バイスプレジデントとして採用した。

パーマー最高経営責任者(CEO)はロイターに対して、合意なきブレグジットで生じる「累積的な」コストの数字は明示しなかったが、「われわれは最悪のシナリオに対する準備をしなければならない」と強調した。

ブレグジットの期限まで80日余りになっているが、英議会で来週予定されるEU離脱案の採決は、反対多数で否決されそうな情勢に変化はない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below