November 20, 2018 / 1:00 AM / a month ago

スペイン、英領ジブラルタルは個別に対応と主張 EU離脱合意案で

 11月19日、スペインのボレル外相は、英国の欧州連合(EU)離脱合意案で英領ジブラルタルの扱いについて、スペイン政府による個別の合意が必要と明記されていない場合は合意協定を支持できないと表明した。写真は車や人が行き来するスペイン(奥)と英領ジブラルタルの国境。15日撮影(2018年 ロイター/Jon Nazca)

[マドリード/ブリュッセル 19日 ロイター] - スペインのボレル外相は19日、英国の欧州連合(EU)離脱合意案で英領ジブラルタルの扱いについて、スペイン政府による個別の合意が必要と明記されていない場合は合意協定を支持できないと表明した。

EU閣僚会合に出席するためブリュッセルに到着したボレル氏は、離脱後の英・EU関係に関する今後の協議ではジブラルタル問題を取り上げないと協定に明記することをスペインは求めていると説明。

スペイン南海岸の半島にあるジブラルタルは1713年に英領となったが、スペインはかねてより領有権を主張している。

ボレル氏は「英・EU間の交渉は領土面ではジブラルタルを含まず、ジブラルタルの将来に関する交渉は切り離して行われる」と述べた。

「これを明確にする必要があり、離脱協定や(英・EUの)将来関係に関する政治宣言で明記されない限り、協定を支持することはできない」と言明した。

ジブラルタルは英国とともに来年3月にEUを離脱する予定。ただ、2016年の国民投票では、住民の96%がEU残留を支持している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below