April 8, 2019 / 10:16 PM / 15 days ago

英議会、離脱延期巡りメイ氏に議会との協議義務付ける法案可決

[ロンドン 8日 ロイター] - 英議会は8日、欧州連合(EU)離脱を巡りメイ首相がEU側に求めている6月末までの離脱期限延期案を審議、場合によっては変更する権限を議員に付与する法案を承認した。

 4月8日、英議会は、EU離脱を巡りメイ首相がEU側に求めている6月末までの離脱期限延期案を審議、場合によっては変更する権限を議員に付与する法案を承認した。ロンドンで3日撮影(2019年 ロイター/Hannah Mckay)

法案はまもなくエリザベス女王の承認を受ける見通し。

法案成立により、議員らは9日に予定するメイ政権との90分間の協議で、首相が要求する離脱期限に法的拘束力のある変更を加えることが可能になる。

メイ首相はすでにEUに対し、国内でのEU離脱合意案のとりまとめに向けて離脱期限を6月30日に延期することを申し入れている。

しかし、英議員らは現在の離脱期限である4月12日に合意なき離脱が起きた場合の追加的な法的保証を求め、メイ首相がブリュッセルに向かう前の9日に閣僚が離脱案について議会に諮ることを義務付ける法案を作成した。

法案は先週、下院で可決。上院(貴族院)で細かい修正が加えられた後、8日に可決され、同日に下院で承認された。

10日の臨時EU首脳会議を前に、メイ首相は9日にパリとベルリンに向かい、短期の離脱期限延期について説得するため、独仏首脳と会談する予定。

法案の成立は、議会で扱う議題を政府が専ら管理してきた長い慣習を覆すもので、メイ政権にとって痛手だ。

政府は同法案は十分な審議を経ておらず、危険な先例になると警告を発し、離脱推進派の議員も法案に強く反対していた。

*内容とカテゴリーを追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below