June 21, 2016 / 7:51 PM / in 3 years

英国民投票伯仲か、残留なら投資拡大=キャメロン首相

 6月21日、英国のキャメロン首相は、国民投票結果が伯仲する可能性があるとの認識を示した。写真はロンドンで21日撮影(2015年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 21日 ロイター] - 英国のキャメロン首相は、23日に実施される英国の欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票について、結果は伯仲する可能性があるとの認識を示した。ただ残留が決定すれば英国に対する投資は拡大するとの見方を示した。

同首相は21日付のフィナンシャル・タイムズ(FT)紙に掲載されたインタビューで「(離脱支持と残留支持は)伯仲しており、誰も結果を予想できない」と述べた。

ただ残留が決定すれば、英国に対する投資は大幅に拡大すると予想。投票翌日の24日には英国に再び投資し雇用を創出する機運が高まると見ていると述べた。

また、残留が僅差で決まった場合は引き続き離脱を主張し続けるとしている保守党党員に対しては「今回の国民投票で決着する」とクギを刺した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below