July 11, 2019 / 7:17 AM / a month ago

「ジョンソン英首相」はEU離脱のためなら議会を停止するか

[10日 ロイター] - ボリス・ジョンソン元外相が英国の次期首相に就任したら、欧州連合(EU)離脱のため議会の停止に踏み切るだろうか。

英与党保守党の党首選に向け9日行われたテレビ討論会で、以下のようなやり取りがあった。

「わが国の歴史上、議会がその意思に反して閉鎖されたことがあった」と、ジョンソン氏の対抗馬であるハント外相が切り出した。「(議会停会に対する)私の答えはノーだ。ボリス、あなたはどうか。」

これに対しジョンソン氏は「私はいかなる選択肢も排除するつもりはない」と答えるにとどまった。

メイ首相の後継を選ぶ英保守党党首選で、ジョンソン氏は首位に立つ。メイ首相の後任は今月23日に正式発表される。

EU離脱を巡るジョンソン氏の方針は明確だ。それは、何が何でも10月31日の期限までに離脱させる、というものだ。

そのため、ジョンソン氏が首相に就任すれば、ある「禁じ手」に打って出るのではとの観測が浮上した。それが議会の「停会」だ。

現状では議員の大多数が合意なき離脱に反対しているため、議会を停会すれば理論上、合意なき離脱が可能となるというのだ。

だがある専門家は、議会停会は法廷闘争に持ち込まれる可能性があると指摘するほか、一部の議員は非民主的だと非難している。

ジョンソン氏は自らが首相に就任すれば、議会が否決したメイ首相の離脱協定案よりも、受け入れやすいものに向けてEUと再交渉すると公約している。

 7月10日、ボリス・ジョンソン元外相が英国の次期首相に就任したら、欧州連合(EU)離脱のため議会の停止に踏み切るだろうか。英与党保守党の党首選に向け9日行われたテレビ討論会で、「いかなる選択肢も排除しない」と述べた。写真は今月6日、英ウェールズで撮影(2019年 ロイター/Rebecca Naden)

だが議会はその説明を鵜呑みにはしていないようだ。議会は9日、議会の停会を難しくする法案を僅差で可決した。

一方、決選投票を間近に控え、テレビ討論会は過熱気味の展開になった。候補者2人が互いに褒め称えあう場面は、まったく見られなかった。

ジョンソン氏が「私はハントさんがそれまでの主張をコロッと変えて、離脱派に転じたことに感心している」と皮肉れば、ハント外相は「彼は素晴らしい能力の持ち主だ。彼に何か質問しても、笑顔1つでどんな質問をしたのか忘れさせてしまう。政治家として素晴らしい資質だが、首相としてはふさわしくないかもね」と切り返した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below