March 29, 2019 / 5:12 AM / in a month

アングル:英EU離脱案、3度目採決のポイントと今後の展開

[ロンドン 28日 ロイター] - 英議会は29日に欧州連合(EU)離脱合意案の主要部分について採決し、ブレグジット(英のEU離脱)期日を5月22日まで延期する道を開く。ただ今回可決されても、合意案の正式な批准の条件は満たせない。

 3月28日、英議会は29日にEU離脱合意案の主要部分について採決し、離脱期日を5月22日まで延期する道を開く。写真は英国旗と反離脱のプラカード。ブリュッセルで21日撮影(2019年 ロイター/Yves Herman)

政府側は、合意案のうち離脱条件を定めた離脱協定部分だけを分けて採決にかける戦術を採用し、以前の2回のような大差での否決を避けたいと考えている。離脱後の新協定の大枠を定めた政治宣言は、採決の対象外となる。

英国の法令に基づくと、離脱協定と政治宣言の双方を議会が承認しない限り、批准手続きは完了しない。

●29日の審議・採決内容

政府は議会に対して離脱協定のみの審議と採決を求める。

●結果がもたらす意味

可決された場合、5月22日まで離脱を延期するためにEUが定めた条件は整う、というのが英政府の見方だ。この条件は21日のEU首脳会議で決まった。

しかしこうした可決は、英国の法令に基づいた離脱の正式な批准手続きの要件を満たさない。政府もその点は動議の中で認めている。

離脱合意案を批准するには、議会に離脱協定と政治宣言のいずれも賛成してもらわなければならない。つまり今後政治宣言を別途採決にかける必要が出てくる。

●政府に勝機はあるか

メイ首相が率いる与党・保守党は、下院(定数650議席)で過半数を得ておらず、北アイルランドの地域政党である民主統一党(DUP)の議員10人の閣外協力によって政権を運営している。

離脱合意案を巡る過去の投票を見ると、反対票と賛成票の差は1月15日が230、3月12日が149。メイ氏が3月12日の結果を覆すためには、少なくとも75人の議員の態度を変えさせなければならない。ただDUPと、離脱協定の一部に反対している保守党の強硬離脱派は既に、反対姿勢を堅持すると表明している。

このためメイ氏が賛成多数に持っていくには、保守党内の造反を最小限に抑えながら、野党・労働党から一定の支持を勝ち取ることが求められる。

労働党の影の離脱担当相を務めるキア・スターマー氏は28日、同党は離脱協定だけを支持することはないと述べ、これは英国を「最もお先真っ暗な離脱」状態に置くことになると理由を説明した。

●次の展開は

英議会は4月1日、数を絞った離脱代替案のリストに関する採決を行って、どの道筋が多数の支持を受けるか見定める公算が大きい。

27日には8つの離脱代替案を審議した上で投票を実施したが、過半数の賛成を集めた代替案はゼロだった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below