March 6, 2019 / 12:32 AM / 5 months ago

英首相、EU離脱後の労働者権利の扱いで議会の発言権拡大を約束

 3月6日、メイ英首相(写真)は、欧州連合(EU)離脱後に労働者の権利に関する法律を改正する場合は議会に従来より大きい発言権を認めると提案する見通し。2月にロンドンで撮影(2019年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 5日 ロイター] - メイ英首相は6日、欧州連合(EU)離脱後に労働者の権利に関する法律を改正する場合は議会に従来より大きい発言権を認めると提案する見通し。来週予定される修正離脱案の議会採決に向けて、まだ態度を決めていない議員の支持を取り付ける狙いがある。

メイ氏はブレグジット(EU離脱)後の労働者の権利に関して協議の余地を広げるという確約を法律に盛り込むほか、この問題で将来的なEUの法改正を国内法に反映させるべきかどうかについて、議会や企業、労働組合に発言権を認める方針。6日にこれら方針を表明する。

メイ氏は声明で「ブレグジット後はEUのルール変更を自動的に受け入れるのではなく、英議会が最も適切なルールを決定すべきだ」と説明。

「労働者の権利に関しては、英議会はこれまで世界を主導する標準を打ち立ててきた。今後も労組や企業と緊密に連携し、独自の決定によって標準作りを継続するだろう」とした。

労働者の権利に関するこれらの提案は、野党・労働党の議員へのアピールとみられる。3月12日の採決で離脱案を可決に持ち込むためには、労働党の造反議員の協力が必要になると見込まれているからだ。

労働党の多くの議員は2016年の国民投票でブレグジット賛成派が圧倒的に多かった地域から選出されており、2回目の国民投票を支持する党の見解に必ずしも賛同していない。

労働党はこれまで、労働者の権利に関しては、EUの法改正に自動的に追随すべきだと主張してきた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below