February 6, 2019 / 7:26 AM / 5 months ago

合意なき英EU離脱、なんとしても回避してほしい=トヨタ副社長

 2月6日、トヨタ自動車の友山茂樹副社長は、2018年4―12月期の連結決算会見で、英国の欧州連合(EU)からの「合意なき離脱」について、「われわれの立場としては、なんとしても回避していただかなければならない」と述べた。写真はロンドンで1月撮影(2019年 ロイター/Hannah Mckay)

[東京 6日 ロイター] - トヨタ自動車(7203.T)の友山茂樹副社長は6日、2018年4―12月期の連結決算会見で、英国の欧州連合(EU)からの「合意なき離脱」について、「われわれの立場としては、なんとしても回避していただかなければならない」と述べた。

友山副社長は、トヨタの英国組み立て工場では1日当たり約600台の完成車を生産しており、「この工場に1日150台のトラックが入ってきて、200万の部品を運んでいる」と説明。また、トラック150台のうち50台はEU27カ国から来ており、「基本的にはジャスト・イン・タイムで生産しているので、部品が1つでも入ってこないと、工場を停止せざるを得ない」と話した。

決算会見に同席した白柳正義専務役員は、英国政府に対する追加の金融支援要請は「特に検討していない」とした上で、「事前の準備は在庫を積み増すといった対応くらいしかないだろう。影響の大きさと積み増せる在庫のバランスを考えると、いくら準備しても、なかなか影響なく乗り切るのは難しい」と述べた。

白木真紀

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below