December 27, 2019 / 12:13 AM / a month ago

BRIEF-引き続き、緩和方向を意識した政策運営を行うことが適当=12月日銀会合主な意見

[東京 27日 ロイター] - 日銀は27日、12月18―19日に開催した金融政策決定会合における主な意見を公表した。要点は以下のとおり。

* 引き続き、緩和方向を意識した政策運営を行うことが適当=12月日銀会合主な意見

* ポリシーミックスのもと現行の緩和政策を維持することで息の長い経済成長を支えることが重要=日銀会合主な意見

* 緩和政策の副作用について多面的に点検しつつ、充分留意して政策運営することが肝要=日銀会合主な意見

* 下方リスクの厚い現在、追加緩和の要否を引き続き検討すべき=日銀会合主な意見

* 消費の基調次第で一層の金融緩和が必要=日銀会合主な意見

* 現状の金融政策は景気悪化に対して金利低下許容することで一定の景気刺激効果、足もと金利は上昇気味でこれでは不十分な恐れ=日銀会合主な意見

* 金融システムは全体として安定性を維持しているが、金融仲介機能への副作用に留意すること重要=日銀会合主な意見

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below