November 5, 2019 / 3:53 AM / 14 days ago

BRIEF-豪中銀、オフィシャルキャッシュレートを0.75%で据え置き

[シドニー 5日 ロイター] -

* 豪中銀、オフィシャルキャッシュレートを0.75%で据え置き

* 持続可能な成長を支えるために必要なら政策を緩和する=豪中銀

* 労働市場の動向を注視する=豪中銀

* 金利は長期間低水準にとどまる=豪中銀

* 豪経済の見通し、3カ月前からほとんど変わっていない=豪中銀

* 特にシドニーとメルボルンの住宅市場に転換の兆し=豪中銀

* 新規の住宅建設は軟化した=豪中銀

* 緩やかな転換点に既に達したもよう=豪中銀

* 2020年と21年の基調インフレ率は2%近くになるというのが中心シナリオ=豪中銀

* 21年の基調インフレ率は2%をやや上回る見通し=豪中銀

* 経済成長率の中心シナリオ、今年が2.25%前後・21年が3%前後=豪中銀

* 消費見通しが引き続き主な国内の不透明要因=豪中銀

* 家計の可処分所得が小幅にしか伸びない状況が継続、引き続き個人消費の重しに=豪中銀

* 世界経済の見通しは妥当、リスクは下向き=豪中銀

* 最近の状況、豪経済が低水準の失業率を維持できることを示唆=豪中銀

* 追加金融緩和に対する世界的な期待は過去1カ月で総じて後退、金融市場のセンチメントはやや改善=豪中銀

* 豪ドル、最近のレンジの下方にある=豪中銀

* 賃金の伸びは抑制されており、今後も当面は現在の伸び率付近にとどまる見通し=豪中銀

* 賃金の伸びがさらに緩やかに上昇すれば歓迎すべき動向=豪中銀

* 失業率は2021年に5%をやや下回る見通し=豪中銀

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below