for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BRIEF-野口日銀審議委員:金融政策の優先目標はあくまで経済・物価・雇用を適正な水準で維持すること

[東京 1日 ロイター] - 日銀の野口旭審議委員は1日の就任会見で以下のように述べた。

* 野口日銀審議委員:かつては批判的だったが今の日銀の政策、評価している

* 野口日銀審議委員:今の政策で基本的には物価が下がる状況は解消され、雇用・名目GDPも上向きになった

* 野口日銀審議委員:政策のオプションを整え、増やしておくことは非常に大事

* 野口日銀審議委員:実際にオプションを使うかは、大きなショックが起こった際に必要性を判断する

* 野口日銀審議委員:まずはコロナに対応、その後もう一度2%の物価目標達成に向けて政策を進める必要がある

* 野口日銀審議委員:副作用あったとしても、物価安定を支え適正な雇用を達成するために必要なら当然追加緩和も検討

* 野口日銀審議委員:ETFの買い入れ柔軟化、方向性としては結構なこと

* 野口日銀審議委員: 2%インフレ目標未達の原因はさまざま、世界的に財政・金融政策を拡張してもそれほどインフレにならない状況

* 野口日銀審議委員:日銀の今の政策は基本的に意味があったが、物価目標に予想以上に時間がかかっているのは事実

* 野口日銀審議委員:金融政策の優先目標は金融機関の健全化ではなく、あくまで経済・物価・雇用を適正な水準に持っていきそれを維持すること

* 野口日銀審議委員:金融機関収益への影響に配慮し手当てすべきだが、日銀の目標をなるべく早く達成することでおのずと金融機関の状況は改善

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up