October 6, 2019 / 11:07 PM / in 8 days

BRIEF-現在の状況では低インフレに関する懸念は不要=カンザスシティー連銀総裁

[デンバー 7日 ロイター] -

* 米カンザスシティー地区連銀総裁:現在の状況では低インフレに関する懸念は不要とみられる

* 米カンザスシティー地区連銀総裁:低インフレによる下振れリスクが現実化しない限り政策対応は正当化されず

* 米カンザスシティー地区連銀総裁:FRBインフレ目標2%の前後最大100BPの変動を容認することは現実的

* 米カンザスシティー地区連銀総裁:指標が幅広い経済の鈍化示せば政策調整が「おそらく適切に」

* 米カンザスシティー地区連銀総裁:見通しのリスク、通商政策の不確実性や世界経済の成長鈍化含む

* 米カンザスシティー地区連銀総裁:緩やかな成長・過去最低の失業・良好なインフレ見通し踏まえると政策金利据え置きが適切だった

* 米カンザスシティー地区連銀総裁:米国のインフレ率を抑制し続けるには世界の動向が重要な要因

* 米カンザスシティー地区連銀総裁:現在の貿易摩擦、米国にとってディスインフレ要因

* 米カンザスシティー地区連銀総裁:ヘルスケア費用・学費の動向もインフレ低下に寄与

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below