August 29, 2019 / 2:02 AM / 4 months ago

BRIEF-鈴木審議委員:一段の金利低下による金融緩和効果、これまでより限定的となる可能性

[熊本市 29日 ロイター] - 日銀の鈴木人司審議委員は29日、熊本県金融経済懇談会で講演した。主な発言は以下の通り。

*

* 鈴木日銀審議委員:YCCのもとで強力な金融緩和を息長く継続していくことが重要

* 鈴木日銀審議委員:具体的な追加緩和措置講じる場合は、効果と副作用比較衡量しながら適切な対応考える

* 鈴木日銀審議委員:金融政策運営は物価の安定とともに金融システムの安定を確保すること重要

* 鈴木日銀審議委員:先行きは副作用が累積していく時間軸も踏まえ、金融政策をこれまで以上に慎重に検討する必要

* 鈴木日銀審議委員:物価上昇に向けた動きが今後中期的に強化されていくための材料整ってきている

* 鈴木日銀審議委員:家計や企業が予想する先行きの物価上昇率は高まっていくものと考えられる

* 鈴木日銀審議委員:資本の稼働状況も、物価に対して押し上げ方向の力が作用

* 鈴木日銀審議委員:海外中心の経済リスク顕在化した場合、物価にも相応の影響及ぶ可能性には注意必要

* 鈴木日銀審議委員:先月の「躊躇なく追加緩和講じる」は、リスクの顕在化を未然に防ぐ日銀の対応方針示したもの

* 鈴木日銀審議委員:極めて低い長短金利水準では、緩和効果が通常とは異なる形で現れる可能性や副作用にも留意

* 鈴木日銀審議委員:追加的な国債金利の低下による金融緩和効果、これまでと比べ限定的となる可能性

* 鈴木日銀審議委員:金融機関の収益や経営体力、内外金融市場の動向に大きな影響受けやすくなっている

* 鈴木日銀審議委員:金利が下がりすぎると金融機関の自己資本がタイト化し、銀行貸出が減少に転じる可能性

* 鈴木日銀審議委員:預金金利が実質マイナス化されれば、消費マインド冷え込みを通じ景気に悪影響を及ぼす恐れ

* 鈴木日銀審議委員:金融システムが不安定化すると物価安定を確保することも非常に困難になる

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below