September 25, 2019 / 12:18 AM / 23 days ago

BRIEF-7月日銀議事要旨:物価の下振れリスクには予防的・先制的な政策対応が必要=1人の委員

[東京 25日 ロイター] - 日銀が25日公表した7月29─30日の金融政策決定会合の議事要旨で、1人の委員が、物価の下振れリスクに対して予防的・先制的に政策対応を行うことが必要と指摘していたことが分かった。

主な内容は以下の通り。

* 7月日銀議事要旨:副作用を緩和する方法を不断に検討する必要があると指摘=複数の委員

* 日銀議事要旨:さらなる緩和が必要かどうかについては慎重な検討が必要=ある委員

* 日銀議事要旨:海外経済が一段と悪化し、日本経済・物価に悪影響与える場合は金融・財政のポリシーミックスの中で迅速に政策対応行うべき=ある委員

* 日銀議事要旨:米欧中銀による緩和姿勢の強まりが、為替等を通じて日本の物価を下押しするリスク高まっている=1人の委員

* 日銀議事要旨:物価の下振れリスクに対して予防的・先制的に政策対応を行うことが必要=1人の委員

* 日銀議事要旨:2%から距離のある日本こそ経済・物価の下振れリスクに対する予防的金融緩和論を検討する必要=ある委員

* 日銀議事要旨:さまざまな緩和策に関する利害得失を含め、予め緩和策を検討しておく必要=複数の委員

* 日銀議事要旨:金融の不安定化を未然に防ぐという観点からも、金融政策をより慎重に検討する必要=1人の委員

* 日銀議事要旨:現行の緩和を続けるためには、金融システム面により留意すべき=ある委員

* 日銀議事要旨:海外経済を巡る不透明感の長期化が投資行動を含めた企業行動に徐々に影響し始めている=複数の委員

* 日銀議事要旨:海外経済の持ち直しの時期は、このところの減速感の強まりを踏まえると後ずれする可能性=複数の委員

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below