October 15, 2019 / 12:44 AM / a month ago

BRIEF-黒田日銀総裁:物価安定の目標に向けたモメンタム損なわれる恐れにより注意が必要な情勢になりつつある

[東京 15日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は15日、本店で開かれた支店長会議であいさつし、以下の通り発言した。

* 黒田日銀総裁:物価安定の目標に向けたモメンタム損なわれる恐れにより注意が必要な情勢になりつつあると判断

* 黒田日銀総裁:物価安定の目標に向けたモメンタム損なわれる恐れ高まる場合は躊躇なく追加的な金融緩和措置講じる

* 黒田日銀総裁:今後も物価目標に向けたモメンタム維持するため、必要な政策調整行う

* 黒田日銀総裁:政策金利、当分の間少なくとも2020年春頃まで極めて低い長短金利を維持

* 黒田日銀総裁:日本の金融システムは安定性維持、金融環境は極めて緩和した状態

* 黒田日銀総裁:消費者物価(除く生鮮食品)の先行き、2%に向けて徐々に上昇率を高めていくと考えられる

* 黒田日銀総裁:景気の先行き、基調としては緩やかな拡大を続けるとみられる

* 黒田日銀総裁:景気、基調としては緩やかに拡大している

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below