November 6, 2019 / 12:15 AM / 11 days ago

BRIEF-日銀議事要旨:物価安定目標に向けたモメンタム損なわれる恐れは相応にあり、追加緩和の要否を検討すべき=ある委員

[東京 6日 ロイター] - 日銀は6日、9月18・19日の金融政策決定会合の議事要旨を公表した。主な内容は以下の通り。

* 9月日銀議事要旨:政策金利については、物価目標との関係がより明確となるフォワードガイダンスを導入することが適当=ある委員

* 9月日銀議事要旨:長短金利・量・ 質のすべての面で日銀の金融政策に手詰まりはなく、あらゆる可能性が常時存在=1人の委員

* 9月日銀議事要旨:物価安定の目標に向けたモメンタムが損なわれる恐れは相応にあり、追加緩和措置の要否を検討すべき=ある委員

* 9月日銀議事要旨:金融緩和余地は短中期ゾーンで大きいとみられ、追加緩和策としては短期政策金利の引き下げが適当=1人の委員

* 9月日銀議事要旨:さらなる収益性低下の可能性や過度なリスクをとる動きが広がる可能性について多面的な点検必要=金融機関経営で何人かの委員

* 9月日銀議事要旨:金融システムがひとたび不安定化すると物価安定の確保が困難になることには十分留意する必要=1人の委員

* 9月日銀議事要旨:物価安定の目標に向けたモメンタムは既に損なわれており、先制的に追加緩和措置を講じる必要=1人の委員

* 9月日銀議事要旨:経済・物価動向を改めて点検する際は指標とともに短観や支店長会議での報告なども踏まえて判断することが重要=複数の委員

* 9月日銀議事要旨:市場は幾分落ち着きを取り戻しつつあるが、先行きの不透明感が強い状況に変化はなく決して楽観視はできない=多くの委員

* 9月日銀議事要旨:物価安定の目標に向けたモメンタムが損なわれる恐れについて、より注意が必要な情勢になりつつあるとの認識を共有

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below