October 31, 2019 / 7:39 AM / 15 days ago

BRIEF-黒田日銀総裁:マイナス金利の深掘りは可能、超長期金利下げる必要があるとは考えず

[東京 31日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は31日、金融政策決定会合後に記者会見した。主な発言内容は以下の通り。

* 黒田日銀総裁:データの蓄積見ていく必要がある=消費増税後の消費反動減で

* 黒田日銀総裁:低金利環境が長期化、仲介機能への影響に一段と留意が必要

* 黒田日銀総裁:政策コストがあるから追加緩和できないとは考えていない=追加緩和時の金融機関への副作用で

* 黒田日銀総裁:フォワードガイダンス、諸外国で多くの場合物価安定に紐づける例が多くなっている

* 黒田日銀総裁:物価安定目標に紐づけ、モメンタムが損なわれるおそれある期間とした方がコミットメントとしてはっきりしている

* 黒田日銀総裁:そういうつもり全くない=追加緩和見送りで市場の疑い招くとの質問で

* 黒田日銀総裁:どこの国もデータディペンデント=追加緩和の可能性で

* 黒田日銀総裁:マイナス金利が深掘りされている欧州でも、個人の預金金利がマイナスの例はない

* 黒田日銀総裁:口座維持手数料、導入するかは金融機関の判断

* 黒田日銀総裁:特別の負担を個人にかけるのではなく、サービスに見合った非金利収入をどうするか=金融機関の収益悪化で

* 黒田日銀総裁:英国のEU離脱問題、不確実な情勢はまだ続く

* 黒田日銀総裁:米中摩擦、改善の兆し見えたのは事実だがリスクが低下したとは見られない

* 黒田日銀総裁:ITサイクルが底打ちしつつあり明るい材料だが、地政学リスクやアルゼンチン動向など海外リスクは累積している

* 黒田日銀総裁:マイナス金利の深掘り、日本の方が欧州より余地がある

* 黒田日銀総裁:必要ならマイナス金利の深掘りは可能

* 黒田日銀総裁:超長期金利を下げる必要があるとは考えていない

* 黒田日銀総裁:超長期金利、消費マインドの点で下がりすぎるのは好ましくない

* 黒田日銀総裁:YCフラット化の状況あれば、超長期国債買い入れ減額など方法はあり得る

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below