November 14, 2019 / 12:41 AM / a month ago

BRIEF-西村経済財政相:全体として景気の緩やかな回復示す=GDPで

[東京 14日 ロイター] - 西村康稔経済財政相は14日、同日発表された7─9月実質国内総生産(GDP)を受けて会見し、以下のように述べた。7─9月期GDPは前期比プラス0.1%、年率換算でプラス0.2%だった。

* 西村経済財政相:全体として景気の緩やかな回復示す=GDPで

* 西村経済財政相:海外経済減速などから外需はマイナス寄与

* 西村経済財政相:個人消費や設備投資、公共投資といった内需が増加

* 西村経済財政相:個人消費、駆け込みや天候の影響双方含まれ、今後注意深くみていきたい

* 西村経済財政相:駆け込み需要、前回増税前の14年1─3月ほどでなかったとみられる

* 西村経済財政相:先行き緩やかな回復が続くと期待される

* 西村経済財政相:消費税引き上げの影響に十分注意

* 西村経済財政相:台風被害からの復旧加速し、米中摩擦など海外発の下方リスクの悪影響に備える必要

* 西村経済財政相:力強い経済対策のとりまとめに全力で取り組んで行く

* 西村経済財政相:引き続き輸出は弱い状況

* 西村経済財政相:韓国からの訪日客減少の要因大きい

* 西村経済財政相:ラグビーワールドカップのプラス効果は10月に期待

* 西村経済財政相:消費支えるファンダメンタルズはしっかりしているが、消費マインドは低下している

* 西村経済財政相:デフレータはプラス、デフレではない状況

* 西村経済財政相:デフレに戻らない状況と言う意味でのデフレ脱却への道半ば

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below