November 27, 2019 / 5:45 AM / 11 days ago

BRIEF-桜井審議委員:日銀が拙速に動く必要はない、経済状況を予断持たずに注視

[神戸市 27日 ロイター] - 日銀の桜井真審議委員は27日午後、神戸市内で記者会見した。主な発言内容は以下の通り。

* 桜井日銀審議委員:あくまで1つの提案と認識、2%に向けて時間をかけても実現する=IMFが物価目標「幅」を提案した件で

* 桜井日銀審議委員:マイナス金利の副作用、世界で認識を共有するようになりつつある

* 桜井日銀委員:現在の国内経済状況、景気後退が切羽詰まってきているか疑問

* 桜井日銀委員:国内景気、さらに悪くなる状況ではなく慎重に点検し続けることに尽きる

* 桜井日銀委員:為替、比較的安定しており安心感が出ている

* 桜井日銀委員:追加的な対応、積極的に行う段階ではない

* 桜井日銀委員:日銀が拙速に動く必要はない、経済状況を予断を持たずに注視

* 桜井日銀委員:ポリシーミックスの基本、政府・日銀が相互に理解する必要

* 桜井日銀委員:政府は予防的な対策を含めてやっておきたいのだと思う=経済対策で

* 桜井日銀委員:政府・日銀が局面ごと100%一緒に動く必要はない=ポリシーミックスで

* 桜井日銀委員:現局面、日銀は経済を慎重に見ていくということを政府・日銀が共有していくべき

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below