November 29, 2019 / 12:14 AM / 14 days ago

BRIEF-10月生産は9月増産の反動・台風など影響、自動車減産が最も大きく影響=経産省

[東京 29日 ロイター] -

* 11月生産予測、上振れ傾向を考慮した試算値は前月比-1.8%=経産省

* 10月鉱工業生産指数、2016年5月以来の低水準=経産省

* 自動車、汎用・業務用機械、生産用機械が低下=10月生産で経産省

* 10月生産は9月増産の反動・台風など影響、自動車減産が最も大きく影響=経産省

* 鉱工業生産、上昇と低下を繰り返し徐々に低下している=経産省

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below