November 29, 2019 / 5:59 AM / 9 days ago

BRIEF-黒田日銀総裁:政策金利の引き下げ、欧米の先例を見るとまだ緩和余地がある

[東京 29日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は29日、衆院財務金融委員会で半期報告に伴う質問に答えた。主な発言内容は以下の通り。

* 黒田日銀総裁:現在、財政への信認は維持されている

* 黒田日銀総裁:国債市場の機能が損なわれないように十分に注意している

* 黒田日銀総裁:PB黒字化目標などが失われると、国債発行に入札されない・金利暴騰で政府の資金調達が困難になるリスク

* 黒田日銀総裁:いまのところマーケットは政府による国債信認を確保するための努力を評価

* 黒田日銀総裁:日銀の国債保有、金融政策上の目的で保有した結果であり財政ファイナンスではない

* 黒田日銀総裁:政策金利の引き下げ、欧米の先例を見るとまだ緩和余地がある

* 黒田日銀総裁:金融政策はあくまで物価安定が使命、それを超えて国債を買うことまったく考えていない

* 黒田日銀総裁:現時点でそのルールが必要であるとも適切であるとも考えていない=銀行券ルールで

* 黒田日銀総裁:国債の大量購入で市場機能が損なわれたとか財政ファイナンス近づいたとは考えていない

* 前田日銀理事:日経平均1万9000円下回ると時価が簿価を下回る=保有ETFで

* 黒田日銀総裁:そういう考えはない=物価目標2%を1.5%に変更する可能性で

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below