for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BRIEF-若田部日銀副総裁:新型肺炎の経済・物価・市場への影響、最大限の注意持ってみていく

[松山市 5日 ロイター] - 日銀の若田部昌澄副総裁は5日、松山市で会見を行い、以下の通り述べた。

* 若田部日銀副総裁:新型肺炎の経済・物価・金融市場への影響、最大限の注意持ってみていく

* 若田部日銀副総裁:金融政策の枠組み再検討すべしというのがボードメンバーで多数派になっているわけではない

* 若田部日銀副総裁:ECBやFRBのような金融政策のレビュー、現段階では行わない

* 若田部日銀副総裁:需給ギャップのプラス幅拡大が物価上昇につながるメカニズム、弱くなっている

* 若田部日銀副総裁:新型肺炎にはさまざまな不確実性あるが過度な悲観論に陥る必要ない

* 若田部日銀副総裁:新型肺炎の拡大、国際金融市場で大きな変動ないが最大限注視

* 若田部日銀副総裁:マイナス金利継続、政策のベネフィットがコストを上回っているため

* 若田部日銀副総裁:マイナス金利の継続、消費者心理に影響及ぼしているとは思っていない

* 若田部日銀副総裁:2%の物価目標、任期中に達成可能なように努力している

* 若田部日銀副総裁:オーバーシュート型コミットメント、金融政策のパッケージで大きな位置占めている

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up