for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BRIEF-政井日銀審議委員:新型ウイルス、世界経済・企業・家計への影響に注視必要

[奈良市 6日 ロイター] - 政井貴子日銀審議委員は6日、奈良市で講演し、以下のように述べた。

* 政井日銀審議委員:新型コロナウイルス拡大、中国など世界経済への影響や企業・家計への影響を注視必要

* 政井審議委員:消費増税による実質所得減少の影響、時間をかけて徐々に出てくる可能性

* 政井審議委員:海外を起点とする経済・物価の下振れリスク、幾分低下したが依然として大きい

* 政井審議委員:下振れリスク顕在化し、物価モメンタムが損なわれる恐れ高まる場合は躊躇なく追加緩和

* 政井審議委員:低金利持続が企業・投資家のリスクテイクをいっそう前傾化させる懸念、国際機関で意識されるのは当然

* 政井審議委員:年金などの運用利回り低下が経済活動に及ぼす影響も含め、問題意識を共有

* 政井審議委員:効果と副作用双方にしっかり目配りしつつ、適切な政策運営に努める

* 政井審議委員:海外経済持ち直しを慎重に見ていたが、製造業PMI回復で今年半ばにかけ持ち直すと評価

* 政井審議委員:物価の中心的見通しの維持には、実質賃金上昇と値上げ許容度の変化傾向がさらに強まる必要

* 政井審議委員:為替や国際商品市況の動向、企業・個人のマインド面への影響から引き続きリスクとして意識

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up