January 30, 2020 / 7:27 AM / a month ago

BRIEF-雨宮日銀副総裁:LIBOR中心に構築された様々な制度・慣行を同時並行的に見直す必要=金利指標改革で

[東京 30日 ロイター] - 雨宮正佳日銀副総裁は30日、都内で講演し、以下のように述べた。

* 雨宮日銀副総裁:金利指標改革、2021年末に至るタイムラインを意識することが何より肝要

* 雨宮日銀副総裁:LIBOR中心に構築された様々な制度・慣行を同時並行的に見直す必要=金利指標改革で

* 雨宮日銀副総裁:金融機関におけるLIBORの利用や体制整備の状況、金融庁と合同調査した

* 雨宮日銀副総裁:ターム物リスクフリーレート、円LIBORの代替指標として多くの支持

* 雨宮日銀副総裁:ターム物RFR、本年春には算出主体が参考値としてレートの公表を開始する予定

* 雨宮日銀副総裁:実用を前提にしたターム物RFRの確定値、21年半ばまでの公表を目指す

* 雨宮日銀副総裁:金利指標の関係者、LIBORの利用が浸透しているため徹底的な洗い出しが不可欠

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below