January 30, 2020 / 8:17 AM / 24 days ago

BRIEF-雨宮日銀副総裁:デジタル通貨にすればマイナス金利にしやすいとの議論も含めて研究していく

[東京 30日 ロイター] - 雨宮正佳日銀副総裁は30日、都内での講演で以下のように述べた。

* 雨宮日銀副総裁:金利指標改革、金融庁との合同調査や日銀考査通じて実態把握 金融機関に対応を促す

* 雨宮日銀副総裁:LIBORの代替指標は共通のインフラとして機能する必要、ターム物RFR軸に検討されるのは自然なこと

* 雨宮日銀副総裁:新型肺炎、今後の広がりにも依存する 注意深く見守るのが適当な段階

* 雨宮日銀副総裁:新型肺炎の影響はSARSとの比較重要、SARSは経済への影響そんなに拡大したわけではない

* 雨宮日銀副総裁:中国経済の世界GDPに占める割合拡大・来日観光客数増・SARSの中心が香港だったことを念頭に慎重に見ていく

* 雨宮日銀副総裁:中銀デジタル通貨、日銀は現時点で発行する計画はないがたゆまず研究は続けていく

* 雨宮日銀副総裁:中銀デジタル通貨へのニーズが急に高まる可能性もあり、的確に対応できるよう備えるのは非常に重要

* 雨宮日銀副総裁:デジタル通貨にすればマイナス金利にしやすいとの議論も含めて研究していく

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below