February 6, 2020 / 6:07 AM / 11 days ago

BRIEF-政井審議委員:超長期金利で過剰なフラットニング続いた場合、家計・企業マインドにネガティブな影響あるか注視

[奈良市 6日 ロイター] - 政井貴子日銀審議委員は6日、奈良市で記者会見し、以下のように述べた。

* 政井日銀審議委員:新型肺炎の影響は不確実性高い、ハードデータを待ちたい

* 政井審議委員:新型肺炎の影響注視、必要なら対応するが緩やかな成長見通しは変わっていない

* 政井審議委員:緩和長期化で金融仲介機能が阻害されるリバーサルレートには陥っていない

* 政井審議委員:金融機関の金融仲介機能、十分な資本あり問題は起きていない

* 政井審議委員:金融仲介機能に障害あれば緩和を持続的にする措置とる、具体的手段はその時々の情勢による

* 政井審議委員:現時点で日銀が中銀デジタル通貨を発行する計画はない

* 政井審議委員:超長期金利で過剰なフラットニング続いた場合、家計・企業マインドにネガティブな影響あるか注視

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below